合宿免許に行く費用がない時はどうすればいいの?分割払いがおすすめ!

「合宿免許に行きたいけれど、支払いが厳しい」と感じている人は意外と多いです。合宿免許なら通学免許よりも費用が安いとはいえ、20~30万円かかります。一括で払える人は少ないでしょう。
そんな背景もあり、合宿免許の支払いは分割払いやローンなどに対応しています。 自分にあった支払方法を選ぶと良いですね。今回は合宿免許費用の支払い方法について詳しくご説明します。

合宿免許は分割払いが可能

免許合宿と通学免許の費用相場

合宿免許では数種類の支払い方があります。一例として、『アイテックトラベル 合宿免許』の場合、銀行窓口や銀行ATM、ネットバンキング、コンビニATMなどから、『アイテックトラベル』の口座に振込をする形です。 一括払いを選んだ場合、合宿免許の費用を一括で支払うのですが、現地で必要な仮免許学科試験受験手数料(1回1,700円)などが別途必要です。また、仮免試験に落ちるなどして数日追加した場合、宿泊代などの追加費用がいります。
最近は『卒業まで追加料金無し』というプランもあり、最大5日ほど無料延長が可能ですが、追加講習代(4,000~6,000円)などは別途かかります。 一括支払いと言っても、その後1円もかからない訳ではないことを知っておくとよいでしょう。 また、一度に支払うのが厳しい方には、ドライバーズローンやカードでの分割払いなどもありますので、次の章では様々な支払い方法をご紹介していきます。

銀行窓口での振込

銀行で振り込む場合、一括振込となります。学生の方などはご両親に借りて、振込する方もいるでしょう。 この場合には振込用紙に必要事項を記入して現金で支払います。銀行の場合、窓口はATMよりも手数料が高いですが、窓口の方が、振込方を教えてもらえるなど、サポートがあって手間取りません。

銀行ATMの振込方法

学生さんの場合、「初めて振込をする」という方もいらっしゃるでしょう。受付スタッフがいる銀行の場合は「ATMでの振込の仕方を教えてください」と伝え、教えてもらいながら振込をすると良いと思います。 時間帯によっては手数料が高くなりますので、平日の昼間に銀行のATMで振込をすると良いでしょう。

銀行ATMでの振込の場合、振込先の口座番号や銀行名、口座の種類などが必須です。必要事項をスマホなどにメモしておき、見ながら入力するとスムーズに入金手続きができますよ。

ネットバンキングでの振込方法

楽天などの全国的に有名なインターネットバンキング(ネットバンキング、ネット銀行)から、地方銀行のネットバンキングまで、インターネットを通じて利用できる銀行が非常に増えています。 ネットバンキングを利用するためには、銀行でネットバンキング利用の手続きをしておく必要があります。しかし、手続きさえしておけば、ネットを介して自由に銀行が使えるので便利ですね。自宅から振込も可能です。
支払いの際に振込先の口座番号などを入力するのは銀行のATMと同じですし、こちらも一括払い(指定された金額を一喝で振込)となります。

コンビニATMでの振込方法

利用中の銀行と提携しているコンビニなら、コンビニのATMで振込が可能です。
一定の手数料がかかりますが、24時間、土日祝も振込ができるのが魅力です。ただし、銀行振込などと同じで、一括振込となりますし、本人確認手続きをしていない場合、キャッシュカードでは10万円を超える振込ができない場合もあります。 20~30万円を一度に支払うのが難しい場合はローンや分割払いも検討しましょう。

ドライバーズローンで分割払い

『アイテックトラベル 合宿免許』では、「ドライバーズローン(JACCS)」が用意されています。メールでの申請なのでWebで完結するのが魅力。来店や書類記入の必要ありません。
基本的に、ドライバーズローンの申込は教習開始日の前日からさかのぼって14日前までに予約した方に限られます。また、まず合宿免許代金の中から頭金(お申込金)である15,000円を支払った上で、残金に対してローンを申請できます。 また、『アイテックトラベル 合宿免許』では、提携しているローン会社による事前審査が必須。20歳未満の未成年や学生でも申請可能ですが、審査に落ちると利用できません。20歳未満の方は親権者の連帯保証人が必要ですし、18歳未満の方は親権者が代理で申し込むことになります。
支払い回数は3回から36回払いで選べるため、例えば20万円の合宿免許に申し込み、36回払いなど多めの回数を選択すれば、毎回1万円以下の支払いも可能です。これなら支払いの負担も少ないです。「少しずつなら払える」という方にピッタリですね。 ローンを組んだ後に解約をするとキャンセル料が発生してしまいます。こちらは十分に気を付けておくと良いでしょう(ローン審査が通った後でも、手続きをしなければ手数料は発生しません)。
ドライバーズローンの返済回数は 3・6・10・12・15・18・20・24・30・36 回の中からお選びいただけます。

クレジットカード決済

クレジットカードで決済すれば、分割払いが可能です。ドライバーズローンと同じく、メール・Webで完結しますので来店が必要ありません。ただし、『アイテックトラベル 合宿免許』の場合、支払いに使えるクレジットカードはVISAかMasterのみです。 支払い手続きは簡単で、Webにて申請が可能。支払いに使うカードの契約に従って分割払いの設定をします。何回払いまで可能なのかは、カードによっても違いますし、ご本人の契約や使用状況によって違います。カード会社に確認すると良いでしょう。

◎支払いに使えるクレジットカードはVISAかMaster限定です。
◎分割払い回数は、お客様が持っているクレジットカードの契約に準じた回数をご入力頂けます。

来店支払い

東京都の北区にある『アイテックトラベル 合宿免許』まで来店できる方は直接支払いもできます。当然ながら、直接払えば振込手数料がかかりません。 「支払いをする前に、どんな会社か確認して安心したい」という方にピッタリです。ただし、書類準備などがありますので、事前連絡をしておくとスムーズです。 アイテックトラベルは、JR赤羽駅から徒歩2分程度。赤羽岩淵駅からですと10分程度です。


支払いから入校までの流れ

申し込みから支払い、入校までの流れを知っておくと、入校のイメージが湧きやすいですよね。この章では流れを簡単にご紹介します。

1.入校日を決めて申し込む

入校する自動車学校・入校日を決めて申し込みます。自動車学校によってサービスや料金が違います。
早く申し込むと安くなる「早期割」やカップルで参加できる「カップルプラン」、交通費を補助する「交通費支給サービス」など、自動車学校によって特典が様々ですので、色々な自動車学校をチェックしてみると良いでしょう。
「ついでに温泉に入れそう」「グルメが楽しめそう」といった地域性で選ぶのも良いですね。

【普通車AT/MT】アイテック合宿免許へ

2.教習所・入校日の決定

教習所・入校日の希望を出しても、応募殺到で第一希望が通らない場合もあります。入校が確定してから、メールの案内に従って支払います。

3.入金

前章でお伝えした方法の中から、希望の支払い方法を選んで入金します。

4.書類送付

入金確認完了後、以下の必要書類が届きます。

  • 残金が明記された振込用紙(あるいは会員券)
  • 入校案内書
  • 教習所別詳細
  • 保険案内書
ローンやカードの分割払いを選んだ場合でも、最初に支払った金額を差し引いた残金を明記した振込用紙が届きます。一括で全部支払った方には振込用紙が届かず、領収書の代わりになる会員券が届きます。

5.入校

入校案内書には持って行く物などが記載されています。忘れると入校できない物もあるため早めに持ち物などを準備し、入校日の集合時間に遅れないように時間に余裕をもって交通ルートを手配しましょう。
合宿免許では、AT免許の場合は14~15日、ちょっと、MT免許の場合は16~18日くらいで教習所を卒業できます。
その分、入校日当日から講習がしっかりと入っていますので、遅刻して教習や学科を受け損なうと、追加講習を払って、別に受講しなくてはなりません。もったいないですので、時間厳守で予定通りに受けるのが一番です。



合宿免許の支払い方法・分割払いまとめ

今回の記事をまとめると、以下の様になります。

  • 合宿免許の支払い方法はたくさんある!
  • 銀行窓口、銀行ATM、ネットバンキング、コンビニATMでの支払いは一括払い
  • ドライバーズローンの分割払いが申請できる。最初に代金の中から申込金15,000円の振込が必要
  • クレジットカード決済を選んでも、分割払いが可能(ご自身のクレジットカードの契約条件による)
  • 申込金や全額一括のお支払い・決済後、入校に必要な書類が届く
気持ち良く入校日を迎えるためにも、支払いでゴタゴタしたくないものです。詳しくご説明しましたが、それでも分からないことがあったら、遠慮なく『アイテックトラベル 合宿免許』に電話やメールで聞くと良いでしょう。

【普通車AT/MT】アイテック合宿免許TOPへ

【特車合宿】働く運転免許TOPへ(大型・中型・準中型、二種、大特・けん引、二種)

前へ

運転免許は合宿免許がやっぱり安い?費用の相場を知ってお得に免許を取ろう

次へ

早く免許を取りたい!合宿免許を最短で卒業する秘訣